読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

patchコマンドで使うdiffファイルを、git diffコマンドで作成する

以下のコマンドでdiffファイルが作成できる

$ git diff --no-prefix HEAD~ > diff.patch

これで作成したファイルをpatchコマンドで使用する。
patchコマンドを結果を反映しないで、確認する方法は以下のように--dry-runをつける。

$ patch --dry-run -p0 < diff.patch

反映する場合は--dry-runを外して実行。

$ patch -p0 < diff.patch