読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sshfsを導入する手順

sshfs便利。手元のemacsの設定でファイルを編集できるのが良い。

sshfsをインストール

以下のコマンドで簡単に入る

$ sudo apt-get install sshfs

fuseグループに一般ユーザーを追加

sshfsはそのままでは一般ユーザーは使えない。
/dev/fuseに権限がないから。
fuseグループにユーザーを追加して権限を与える。

/etc/groupを以下のように編集

fuse:x:○○: -> fuse:x:〇〇:memememomo

複数のユーザーを指定したい場合は、カンマ区切りにする。
編集したら、ログアウトしてログインしなおす。か、サーバー再起動など。

idコマンドで、所属グループにfuseがあれば成功。

sshfsの実行

以下のページで紹介されているスクリプトを使う。
そういえばsshfsが便利な件 - (ひ)メモ


自分の場合、オプションがあるとどうもエラーが出てしまうので、とっぱらってしまった。
あと、マウント先のディレクトリを指定するようにした。

#!/bin/bash
# m
usage() { echo "[usage] ./m hostname user"; exit 1; }
[ $# -eq 2 ] || usage

rhost=${1%/}
[ -d "$rhost" ] || mkdir "$rhost"
sshfs \
  $rhost:"/home/${2}" $rhost \
    ;
df -t fuse.sshfs -h