WebService::Simple::ATNDというものを作ってみた

ATNDAPIを簡単に使えるようにすることを目指したモジュールを作りました。
https://github.com/memememomo/p5-WebService-Simple-ATND


yusukebeさんの「WebService::Simple」を使って実装しています。


使い方は以下の通りです。


ATNDには「イベントサーチAPI」と「出欠確認API」があります。
どちらのAPIを使うかによって、「query_events()」か「query_users()」を呼び出して、クエリビルダを作成します。
検索クエリのパラメータは「add_{パラメータ名}」メソッドで追加していき、getメソッドにクエリビルダを渡してAPIにアクセスします。


返されるレスポンスは、すでにパースされた状態になっています。検索クエリに対応するイベントは、eventメソッドで簡単に取得できるようになっています。


プログラム構成とかプログラムの書き方とか、まだまだ良いやりかたがありそうな雰囲気ですが、とりあえずこのような感じで(=ω=)

サンプルプログラム

HTML5」に関連するイベントを検索

perl」か「ruby」か「python」か「iphone」に関するイベントを検索

位置情報情報から最寄りの駅を表示するようにもしています。

自分の出欠状態

「キャンセル待ち」か「出席」かを確認する。

他のユーザーが出席しているイベントを検索