読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不要なサービスを停止する

サーバにOSをインストールした後、使わないサービスは停止します。これは資源の節約やセキュリティのためです。今回停止したサービスをメモ。

  • pcscd
    • スマートカード(ICカード)サービス
  • apmd
    • APMで電源管理
  • autofs
    • 自動マウント・アンマウントデーモン
  • bluetooth
  • cups
    • プリンタ
  • gpm
    • テキスト画面でマウスを使えるようにする
  • hidd
  • isdn
    • ISDNサービス。日本のISDNとは規格が異なる
  • netfs
    • NFSやSMB、NCPの共有フォルダをマウントする
  • nfslock
    • NFSのファイルロック機構を提供するサービス
  • portmap
    • RPCを使用する。NFSで他のLinuxマシンとファイル交換するなら必要
  • rpcgssd
    • NFSNISなどRPCを使用する場合は必要
  • rpcidmapd
    • NFSNISなどRPCを使用する場合は必要
  • sendmail
    • qmailを使う予定なので停止する
  • smartd
    • ハードディスクのS.M.A.R.T(ハードディスク状態監視)機能のサポート


Redhat系では、serviceコマンドで現在動作しているサービスを止め、chkconfigでサーバ起動時に自動でサービスがスタートしないようにします。
以下のようなシェルスクリプトで停止します。

for x in netfs portmap ....
do
service $x stop
chkconfig $x off
done