メメメモモ

プログラミング備忘録、リモートワーク生活、筋トレ、etc

実感した筋トレの効果について

概要

ここ2年くらいは筋トレを継続的にやっています。

筋トレを始めてから、色々なことが前よりも上手く回り始めたような気がしています。

筋トレの何が良いのか、まとめてみました。

重力に負けなくなる

冗談のようなことですが、筋トレをする前は重力に負けていました
何をするにも身体が重くて行動に移せなかったのです。

「なんか全てに対してやる気でないなー」

と思っていたのですが、
単純に身体が重力に負けているからだと気づきました。

筋トレをし始めてからは案の定、身体が軽く感じるようになりました。
その分、行動力も増したように思います。

ストレス解消になる

仕事をしているとストレスを感じることは避けられません。
よく言われていることですが、社会人はストレスを解消する方法を持っておくべきです。

自分もストレスを貯めやすい方だったので、色々な解消法を試していました。 アロマやお香をやってみたり、マッサージに行ってみたり、前向きになれそうな読書をするなど。

結局は、ストレス解消には筋トレが最強でした。

筋トレをして、脳に新鮮な酸素を送り、筋肉を全力で疲れさせると、すごく気持ちがいいです。 筋トレ中は余計なことを考えなくなるので、瞑想の効果もある気がします。

モヤモヤとした気持ちが出たら、とりあえず筋トレですね。

体調管理になる

身体が強くなり、メンタルも強くなるので、病気になりにくくなります。
仕事がちょっと忙しくなったくらいでは、体調も崩さなくなりました。

たまに油断して、裸に近い格好で寝てしまい、ちょっとした風邪を引いてしまう場合もありますが...w
その時でも、すぐに治ります。

疲れにくくなる

筋トレをしてスタミナが増えたのか、疲れにくくなりました。

スタミナが例えば2倍になったとしたら、普段の仕事などは、前よりも1/2の体力で片付けられるようになります。

この余裕が出てくるとストレスも少なくなります。

テストステロンが分泌されてやる気が出る

筋トレをすると、脳内にテストステロンという物質が増えるそうです。

テストステロンとは、男性ホルモンの一種です。もっと言うと男性ホルモンの大部分を占める重要な要素の一つで、骨・筋肉・性欲・バイタリティ作用など男性として生きるために大切なホルモン。

テストステロン値を増やす方法。モテる以外の驚くべき効果も。 | Smartlog

ポジティブシンキング といったことがよく言われていますが、
頭で考えているだけでは、なかなかできるものではありません。

物理的に脳に作用させる具体的な方法として、

筋トレをしてテストステロンを分泌させる

というのが効果的なのではないかと思います。

まとめ

筋トレの効果についてまとめてみました。

以下の本は、おすすめです。
筋トレがどれだけ世界を救うかを論じている本ですw 極論じみたことが書かれていますが、実感としてはあながちウソではないなと思っています。Twitterのツイートが基となっている本なので、とても読みやすいです。

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法