Amon2でTengを使うときの設定

DBの設定などはこちらに沿っています。



今回は、以下のコマンドでアプリケーションの雛形を作成した場合です。

$ amon2-setup.pl Hello

config/development.plの編集

Teng用の設定を書いておきます。

+{
    'Teng' => {
         dsn => 'dbi:SQLite:dbname=hello.db',
         username => '',
         password => '',
     },
     ...
};

スキーマ作成スクリプト

DBの情報を読み込んでスキーマを作成するスクリプトを書きます。

use strict;
use warnings;
use DBI;
use FindBin;
use File::Spec;
use lib File::Spec->catdir($FindBin::Bin, '..', 'lib');
use lib File::Spec->catdir($FindBin::Bin, '..', 'extlib', 'lib', 'perl5');
use Hello;
use Teng::Schema::Dumper;

my $c = Hello->bootstrap;
my $conf = $c->config->{'Teng'};

my $dbh = DBI->connect($conf->{dsn}, $conf->{username}, $conf->{password}, $conf->{connect_options}) or die "Cannot connect to DB:: " . $DBI::errstr;
my $schema = Teng::Schema::Dumper->dump(dbh => $dbh, namespace => 'Hello::DB');

my $dest = File::Spec->catfile($FindBin::Bin, '..', 'lib', 'Hello', 'DB', 'Schema.pm');
open my $fh, '>', $dest or die "cannot open file '$dest': $!";
print {$fh} $schema;
close;

「script/make_schema.pl」で保存して、実行します。
実行すると「lib/Hello/DB/Schema.pm」が作成されます。

lib/Hello/DB.pmの作成

lib/Hello/DB.pmを作成して、以下の内容を記述します。

package Hello::DB;
use parent 'Teng';
1;

lib/Hello.pmの編集

コントローラの方でTengが使えるようにHello.pmに以下の内容を追記します。

...

use Hello::DB;

sub db {
    my ($self) = @_;
    if (!defined $self->{db}) {
        my $conf = $self->config->{'Teng'} or die "missing configuration for 'Teng'";
        my $dbh = DBI->connect($conf->{dsn}, $conf->{username}, $conf->{password}, $conf->{connect_options}) or "Cannot connect to DB:: " . $DBI::errstr;
        $self->{db} = Hello::DB->new({ dbh => $dbh });
    }
    return $self->{db};
}

...


これで、コントローラの方では以下のようにして使うことができます。

sub index {
    my ($class, $c) = @_;
    my @entries = $c->db->search(
        entry => {}, { limit => 10, offset => 0, order_by => {'entry_id' => 'DESC' }});
    $c->render(
        "index.tt" => {
            entries => \@entries,
        }
    );
}

参考リンク

これで使えるようになったので、以下のリンクを参照しながら使い方を覚えていきたいと思います。