CloudForecastを入れてみた

Yokohama.pm x CasualPerlで紹介されていたCloudForecastを試しに入れてみました。

入れ方は、次のエントリで説明されています。
http://blog.nomadscafe.jp/2010/05/cloudforecast.html


しかし、環境がおかしかったせいか、なかなか説明通りに進みませんでした。いくつか違う手順でインストールを進めたので、そのメモ。

net-snmpのインストール

yum install net-snmp-perl
でインストールできましたが、CloudForecast実行時にSNMP.pmがないということで失敗してしまいました。というか、net-snmpが入っていなかったのが原因っぽいですがorz


http://net-snmp.sourceforge.net/download.html
ソースからインストールしました。
net-snmp本体、default_store、SNMP.pmの3つをそれぞれコンパイルとインストールしました。

net-snmp本体
$ tar xvzf net-snmp-5.4.3.tar.gz
$ cd net-snmp-5.4.3
$ ./configure
$ make
# make install


インストール後は、tarに同封されていたEXAMPLE.confを/usr/local/share/snmp/snmpd.confでコピーして編集しました。

default_store

これがないとSNMP.pmのインストールが失敗しました。

$ cd net-snmp-5.4.3/perl/default_store
$ perl Makefile.PL
$ make
$ make install
SNMP.pm
$ cd net-snmp-5.4.3/perl/SNMP
$ make
$ make install

rrd-toolのインストール

yum install rrdtool-perl
でインストールしましたが、CloudForecastの実行時にRRDx.pmがないという事でエラーが出てしまいました。
調べてたら、yumでインストールし直したら治った、という記事ばかり。自分はどうしても治りませんでした。


ということで、下記のサイトからソースを取ってきてインストールし直しました。
http://oss.oetiker.ch/rrdtool/pub/?M=D


本体のコンパイルインストール。

$ tar xvzf rrdtool.tar.gz
$ cd rrdtool
$ ./configure
$ make
# make install


RRDs.pmのコンパイルインストール。

$ cd rrdtool/bindings/perl-shared
$ perl Makefile.PL
$ make
$ make install

CloudForecastの依存モジュールのインストール

gitでCloudForecastを取ってきて解凍して、cpanmで依存モジュールをインストールします。

$ git clone git://github.com/kazeburo/cloudforecast.git
$ cd cloudforecast
$ perl Makefile.PL
$ cpanm -l extlib --installdeps .

なぜかperl Makefile.PLを実行しないとうまく行きませんでした。


あとは、説明通りに設定して行ったら、動きました。
問題と疑問が少々残っています。
SNMPをもうちょっと勉強すれば分かるはず><